FURUTA’S VOICE

自然から遊離するバベルの塔

亡中村哲氏の「天,共に在り」を読みました。

最終章での「自然から遊離するバベルの塔は倒れる。・・・科学や経済,医学や農業,あらゆる人の営みが,自然と人,人と人の和解を探る以外,我々が生き延びる道はないであろう。」という言葉は考えさせられることが多いですね。
まっとうな文化とは何かを問いかける強いメッセージです。

「宇宙の真理から学ぶ」ことを目標にしている私を,揺さぶってくる言葉でした。
(日々,人と人との和解を探っているふるた)